ダイレクトメールを読まずに捨てていませんか

ダイレクトメールという言葉を耳にしたことは、おそらく多くの方にあるでしょう。しかし、その言葉を聞くことはあっても、ダイレクトメールのことがあまりよくわからないという方も少なくないのではないでしょうか。ダイレクトメールは、郵便などを利用して個人に直接送られるカタログや商品の紹介などの広告を指します。過去に利用したことのある小売店や、店舗や企業への会員登録、クレジットカード会社の保有している顧客データから、個々の購入頻度などによって抽出され、郵便やメール便などを利用して届けられています。特定の相手に向けた広告であるわけです。読まずに捨ててはいませんか。時間や気持ちに余裕があると封を開けて見るけれど、テーブルの端に置いたまま、積み重ねられていく学校からのお便りの下に埋もれ、気づいた頃には封も開けずにそのままゴミ箱へ入れていた、そんな経験はないでしょうか。

そのダイレクトメール、まずは開封してみましょう

ダイレクトメールは、顧客のリピート率を高めることを目的として使用されたり、新規の顧客を獲得することを目的として使用されたりします。前者は購入履歴に基づいて新たな情報を提供し、後者は資料を請求した人により詳しい情報を提供します。新聞広告に折り込まれるチラシや地域の全家庭にポスティングされるチラシなどに比べて、ダイレクトメールは作成に費用をかけ、ダイレクトメールを送る相手を選択することにも労力や費用がかかっています。それだけのコストをかけて特定の相手に向けて送られているダイレクトメールですから、一見の価値があるでしょう。中には、お得な情報や試供品、ダイレクトメール専用クーポンが付いていることもあります。開封した上で、小見出しなどを見て自分にとって興味関心のないものだと感じたら捨てるなどして、取捨選択をしていけば良いでしょう。

受け取りたいダイレクトメールだけを残していきましょう

以前に開封して内容を確認し、自分には不要であると判断したダイレクトメールや、繰り返し届くダイレクトメールを迷惑に感じられるようでしたら、そのダイレクトメールがそれ以上届かないように手続きすることができます。郵便物が届けられた際に、受け取りを拒絶することができるのです。受け取りを拒否したい場合には未開封の郵便物でないといけないので、開封はしないように注意して下さい。郵便物に「受取拒絶」の文字と、押印又は署名を記載したメモか付箋を貼り付けて、配達の担当者に渡します。もしくは郵便窓口に持参するか、郵便ポストに投函すれば、差出人へ返還されます。または直接電話等でダイレクトメールの送付先に連絡を取り、送付の停止を求めれば、以後にダイレクトメールは届かなくなります。そのようにして繰り返し情報を入手したいと思うダイレクトメールを残していくと良いでしょう。