上手くダイレクトメールを活用する方法

ダイレクトメールとは商品案内やカタログ、キャンペーン情報などがハガキや封書で個人や法人宛に送られてくるものです。宛先の分かっている人に対して送付されるものなので、折込チラシのような新規顧客獲得のためよりはリピート率を上げるために行われている販促活動です。そのため、受け取った側がまた行きたいな、利用したいなと思えるような内容でないと即破棄されてしまいます。そこで送付している企業側も興味を抱かせる目的で、特別割引クーポンをつけていたり会員限定イベント開催の案内をつけていたりと優待してもらえる内容をお知らせしていることが多いです。このような優待情報は新規顧客では得られませんから、ダイレクトメールを受け取ったらまずはお得な情報がないかよくチェックしましょう。ダイレクトメールを受け取ったらお得をゲットできるチャンス到来です。

他の媒体と比較したダイレクトメールの強みとは

販促活動はダイレクトメール以外にもインターネット上の広告やメールでの販促、TVコマーシャルなど色々な方法があります。しかしいずれも目に触れる機会や印象に残る機会が少ないのです。インターネット広告はおまけのようにくっついていることも多く、邪魔な存在と認識されがちです。メールでの場合は、最初から迷惑メールフォルダに入れられたり、多くのメールに埋もれてしまったりするとそもそもの開封率が低くなってしまいます。TVコマーシャルは一見するとインパクトが大きいように思われますが、TVは何かをしながら見ていることが多く印象に残りにくいのです。その点、ダイレクトメールはポストに届いたら必ず手に取ります。そしてそれが自分にとって必要なものか不必要なものか必ず目を通します。そのため受け取った側に強く魅力的なメッセージを送ることが可能です。

ダイレクトメールの悪用に用心してください

ダイレクトメールは宛先を知っていないと送ることができないものなので基本的に一度は自分が利用したり登録したりした企業などから送られてくる場合がほとんどです。しかしながら、近年そうした利用者情報が名簿という形で世に出回り、悪用されてしまうケースが発生していますので十分に注意してください。身に覚えのない当選通知や過度な割引を謳うダイレクトメールを受け取った場合は要注意です。過去に利用したことがあるのかを確認してください。覚えがない場合は破棄するほうが良いでしょう。またインターネットで宣伝内容を検索してみるのも良いです。ダイレクトメールと同様の宣伝内容をホームページ等で告知していれば問題ないですし、販促目的ではないという書き込みを見つけたら破棄するという選択をしてください。内容を見極める必要があります。